EY-2LfIUYAAvQYW




【管理人】
自分もこのナナさんとハクトウワシさんとのやり取りが、第7章で一番心に残りました。
内容もそうなんですが、ドール達とナナさん達の場面が交互に転換する演出がもう本当に見事過ぎて……
上記のツイートでも仰ってる方がいるように、この台詞は「出来る事なんて滅茶苦茶少ない」人であるナナさんが言ったからこそ、これだけの重みが出たのだろうと自分も思います。

個人的に特に印象的だったのが、その後の「まあ何だかんだ言って、結局最後は後悔ばっかだと思うけど」「それでもやるだけやれたなら『それならいいかな』って」というナナさんの台詞。
別作品の話で恐縮なんですが、昔まんがタイムきららで連載していた「棺担ぎのクロ」という作品のことを思い出しました。
あの作品の「どんな選択をしても私はそれなりに後悔するだろう」「だからそれなりに苦労しながら歩くことにするさ」という台詞、滅茶苦茶好きなんですが。
このナナさんとハクトウワシのやり取りはそれに通じるものがあるんじゃないんかと、何となく思いました。